CATEGORY

OTHER

画面ダークモード切り替えはブラウザ・OSの設定に依存します。

wordpress5.9で出来ること

2022.1.22

  • Wordpress全般
  • WordPress5.9で出来ること!

    目次

    2022.1.25リリース予定のWordPressの最新版WordPress5.9!
    半年前の5.8への更新でも新しくできることが増えましたが、今回の5.9も大きな進化が発生しています!

    動画で確認もできますよ!

    WordPress5.9でできること!

    ※一部、現在の最新版5.8.3でもすでにできることも含まれます

    2022.1.22現時点では、テストのベータ版を利用可能です。
    ベータ版の利用はこちらから。

    ※ベータ版の利用は必ずテストサイトやローカルで行ってくださいませ。
    本番サイトで利用してしまうと、エラーが出た際に戻せない場合がございます。

    まずは画像などの角を丸くするborder-radiusがコード記述無しで可能に!!

    数字を動かすだけでOK
    今までもあったスタイルの角丸はパターンが1種類だけだったので、これで自分の理想の角丸の作成が可能になります!!

    画像のトリミング・回転が自由に!

    すでにできますが、画像の回転やトリミングが簡単になりました!
    トリミングはトリミングしたい位置の変更や拡大・縮小はドラッグやマウスのスクロールだけでOK

    リスト部分でドラッグ&ドロップでブロックの並び替えが可能に!

    今まで少し面倒だったブロックの並び替え。
    それがリスト部分でドラッグ&ドロップで可能に!
    リスト部分はブロックの並びが見やすいので、ここで変更できるのは良いですね!

    WordPress5.9のメインディッシュ

    今回のWordPress5.9の最大の追加要素は、テーマの外観がブロックエディターの形式でカスタマイズできることでは無いでしょうか。

    ※テーマによって対応・非対応がございます。
    その為、WordPress5.9と一緒にリリース予定のテーマ【Twenty Twenty-Two】の利用をおススメします。

    Twenty Twenty-Two のテーマは、WordPress5.9をインストールすると自動的に「外観」→「テーマ」の中に表示され選択できるようになります。

    WordPress5.9で、 Twenty Twenty-Two のテーマはを選ぶと外観の中に今まであったカスタマイズが無くなりエディターだけに!

    エディターをクリックするとこんな感じです。
    下の画像はすでに少し編集した後のレイアウトですが、ブロックエディターの形式でレイアウトが可能になっているのがわかりますね!

    いや、今までも固定ページをフロントページにしたら、トップページをブロックエディターで作成できたでしょ!?

    そう思った方!こそ知ってほしい魅力。

    それは、ヘッダーやフッターもカスタマイズできてしまうということ。
    今まで多くのテーマでヘッダーやフッターは選択しているテーマのレイアウトに依存してしまうことが多かった。

    しかし、
    WordPress5.9ではヘッダーやフッターすらもブロックエディター形式で編集できてしまう!

    これはとても大きな進化ですね!

    この機能のおかげで、より理想に近いページが表現できるのではと思います!
    まだまだ進化は終わらないWordPress。
    今から始めても、ぜんぜん遅いなんてことはありませんよ

    関連記事

    サーバー容量原因解決-サムネイル

    サーバーの容量が一杯!!原因はバックアップ!? 解決策をご紹介

    2021.5.21

    マルウェアスキャナー紹介-サムネイル画像

    不正なファイルを発見!!マルウェアスキャナーのご紹介!!

    2021.3.29

    メンテナンス解除方法-サムネイル画像

    WordPress メンテナンス中の解除方法

    2021.5.22

    Javascriptでオリジナルテーマに記事内目次を表示しよう!

    2022.4.29