キーワードから探す

カテゴリーから探す

reCAPTCHAマーク-サムネイル画像

2022.2.15

  • 無料閲覧可能ナレッジ
  • スパムメール対策
  • reCAPTCHAマークの非表示設定方法をご紹介

    目次

    こんにちは。

    今回は前回のreCAPTCHAの設定に続き、reCAPTCHAマークの表示方法の変更をご紹介します。

    変更方法は下記のご紹介となります。

    ・お問い合わせページ以外ではreCAPTCHAマークを非表示

    ・全ページからreCAPTCHAマークを非表示

    では、早速ご説明いたします。

    お問い合わせページ以外ではreCAPTCHAマークを非表示

    こちらは、functions.phpへコードを追加します。

    ※初心者の方などコードの理解があまり無いって方は、functions.phpの編集はご自身の責任で行ってくださいませ。

    WordPressの管理画面 → 【外観】→ 【テーマエディター】→【functions.php】を開きます。

    ※functions.phpが無いテーマはほとんど無いかと思いますが、オリジナルの物などの場合は、稀にfunctions.phpが無い場合があります。その際はこの方法では出来ないかと思います。

    下の画像のように、functions.phpにコードを記載して保存します。

    reCAPTCHAマーク-イメージ画像1

    追加するコードはこちらです。

    See the Pen Untitled by ALcuesto (@ALcuesto) on CodePen.

    このコードのcontactはご自身のお問い合わせページのパーマリンク名に変えてくださいませ。

    例:https://ドメイン.com/contact → contactのままでOK

    https://ドメイン.com/otoiawase → otoiawaseに変更

    これでお問い合わせページ以外ではreCAPTCHAマークが消えたかと思います。

    続いて、reCAPTCHAマークを全ページから非表示にする方法です。

    全ページからreCAPTCHAマークを非表示

    こちらも、WordPressの管理画面 → 【外観】→ 【テーマエディター】で操作しますが、開くページはstyle.cssです。

    reCAPTCHAマーク-イメージ画像2

    style.cssにこちらのコードの追加して保存するだけです。

    See the Pen Untitled by ALcuesto (@ALcuesto) on CodePen.

     ※style.cssの中で入力部分が不明の場合は、試しておりませんが、恐らく【外観】→ 【カスタマイズ】→【追加CSS】でも反映可能かと存じます。

    追加CSSの場合は下の画像の位置に上記の同じコードを記載して、公開ボタンをクリックで保存

    reCAPTCHAマーク-イメージ画像3

    最後にreCAPTCHAマークを非表示にする場合は、下記のテキストを記載するようにGoogleの公式のアカウントが指示をしています。

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

    これは一部リンクにもなっているので、HTMLに直接記載します。

    ※footer.phpの一番下など

    記載するコードはこちらです。

    See the Pen Untitled by ALcuesto (@ALcuesto) on CodePen.

    こちらの一連の指示が記載されているGoogleの公式サイトの専用ページのリンクは下記となります。

    Google reCAPTCHAよくある質問

    これで以上です。

    そもそも、reCAPTCHAの設定が不明な方は下記のページをご参照ください

    スパム対策の定番!!reCAPTCHAの設定方法!!

    それでは今回はこの辺で。

    関連記事