WordPress.orgとWordPress.comの違いとは!?

初心者の方がWordpressを始めるときに、Wordpressと検索するとWordpress.orgとWordpress.comの2つが出てくるのはご存知でしょうか。

実は、Wordpress.orgとWordpress.comは別物です。間違えやすいので、これからWordpressを始める方は違いを理解して、サーバー契約などを行いましょう。

※当ブログはこちらの記事を参考にしています。Wordpress.orgとWordpress.comの違いについて、このフォーラムの回答がわかりやすいです。

WordPress.org と WordPress.com の違い

目次

WordPressとは

まずWordpress自体のご説明からです。

WordPressはオープンソースといって、Wordpressの仕組みが記載されているプログラミングコードが世界中に公開されています。

世界中の企業・個人がこの公開されているWordpressのコードをもとに、さらに開発を進めることで、新しいWEBサイトデザインや機能を生み出すことができます。

そして、生み出したデザインや機能をWordpress利用している方に使用してもらうことで、企業・個人の開発側は利益を得ています。この時点ではWordpress自体に利益は入りません。

皆でWordpressを使ってね!という想いから、Wordpressはコードが世界中に公開されています。

WordPress.comとは

WordPress.comは、営利事業です。

Wordpress.com

WordPressと検索すると上位表示(1位2位らへん)されるので、初心者の方はこちらでWordpressを始めてしまう方も。

こちらは、実際にWordpress.comにサーバー代などの費用を払うことでWordpressを使うことができます。Wordpress.comを契約するだけでOKなので、他社のレンタルサーバー会社などと契約はしなくてOK。

またWordpress.comは、Wordpressの有名なプラグインのJetpackの開発も行っています。

その為、Wordpress.comを使用せずにWordpressを利用する場合に、プラグインでJetpackを使用すると、Wordpress.comのアカウント作成が必要になります。

※正直なところを言うと、私はWordpress.comはオススメしません。
WordPress.comの場合のWordpressのダッシュボードは少し使いづらい。
また、日本国内で検索で出てくるWordpress関連の参考記事の多くはWordpress.comでは無いので、初心者の方にとっては、全然作業が進まない。
さらに、契約費用も決して安いわけではない。むしろ高いほう。

このことから、もしWordpress.comでWordpressを始めようかなと考えている方は、Wordpress.comは控えることをオススメします。

WordPress.orgとは

WordPress のセルフホスティングインストール型の公式サイトです。

Wordpress.org

簡単に言うと、各レンタルサーバーで契約して【簡単インストール】ボタンでWordpressのプログラミングコードたちをダウンロード→インストールできるのが、Wordpress.orgです。

日本国内では、Wordpress.comではなく、ロリポップ・さくらインターネット・Xサーバー・Conohaなどのレンタルサーバーを契約されている方が多い為、多くの人がWordpress.orgを使用していることになります。

本やネットでWordpressの使い方をご紹介している場合もWordpress.orgパターンがほとんどなので、初心者の方は、レンタルサーバーを契約してWordpressを始めるようにしましょう。

またWordpress.orgはサポートフォーラムがあり、無料でWordpressの操作などで発生した質問を投げかけることができます。回答者も主にボランティアで行っているため、必ず回答が来るとは限りませんが、Wordpressは皆で助け合おうの精神があるので、この仕組みが成り立っています。

WordPress.org フォーラム

目次